報道番組をみていると、被告人(被疑者)の代理として弁護人が会見している姿がよく映りますね。その弁護人には私選弁護人と国選弁護人がいることをご存じでしょうか。自分には関係がないと思わず、違いを理解しておくことは万が一の時にきっと役立つでしょう。
まず大きな違いは、誰が選任しているかということです。私選弁護人は被告人(被疑者)もしくは家族によって選任された弁護人です。対して国選弁護人は文字通り国が選任した弁護人です。そのため費用に関しても国選弁護人は国が負担します。

費用がかからない国選弁護人がよいと思った方、そんなに簡単な問題ではないのです。もし私選弁護人に利点がなければ、お金をかけてまで選任する人などいないでことでしょう。今まで見てきた各刑事事件の全てが国選弁護人だったでしょうか。そうではないはずです。私選弁護人は費用をかけても依頼する価値があるのです。


国選弁護人は国が選任するため、被告人本人が選ぶことはできません。そして、解任もできません。被告人に選択の余地はないのです。
私選弁護人は自分たちで選任するので、当然選べますし解任もできます。選択の自由があるのです。特に複数の事件の相談に乗ってもらう場合など、しっかりと話をし、自分の信頼できる弁護人に依頼したいと思いませんか。
万が一にも勾留されてしまったとき不安な貴方に安心を与えてくれるであろう弁護人。きちんと考え選択し、後悔のないようにしたいですね。